短期の高校留学の特徴について

subpage1

高校留学の中でも短期で行くタイプにはどのような特徴があるでしょうか。

短期の高校留学は高校在学中の春休みや夏休みの期間を利用するのが一般的です。

具体的な留学期間は大体2週間から4週間程度となっています。このため、この期間を利用して滞在先の人達との異文化交流を経験することができます。


このような短期の高校留学ですが日本国内では決して体験できない経験を長期の休みの期間を利用して実現できるプランとなっています。


この留学経験で自分の視野を広げたり、今後の人生に刺激を与えたりすることができます。また高校留学も語学関係以外にもスポーツが目的であったり、ボランティア活動が目的であったりと参加者が選べるようになっています。

ボーディングスクールの喜びの声を頂いています。

留学で体験できるスタイルは色々ありますが、高校生が初めて長期間自分の家を離れて様々な経験ができるようになっています。

ただ短期留学だからと言って現地の治安を疎かにしてはいけません。

留学先が安全な場所なのかどうかを事前に情報収集しておく必要があります。
そして今情勢が不安定である場合には念のため辞める勇気も必要です。
しかしながら短い期間で色々な経験ができます。長期の留学とは異なる点はあっという間に留学期間が過ぎてしまうことです。このため、長期の留学に比べて目的を事前にはっきりさせておかないと何のために留学したのかわからなくなります。

こだわりのgoo ニュースに関する情報をすばやく探せます。

事前に短期間の間に何がしたいのかを明確にしておきましょう。



よく解る情報

subpage2

英語を話せるようになりたい、と思って高校の英語授業を受けても、話せるようにはならないでしょう。高校の英語授業は、英語の試験問題を解くことを目的にしているため、話す練習はほとんどありません。...

next

身になる知識

subpage3

世界でもっとも治安のいい地域のひとつに挙げられる、台湾の最大の経済都市台北は人口約270万人を擁する、日本人にも馴染み深い街です。日本人の人気観光先ランキングでベスト3に入り、英語や日本語を話すひと、外国人観光客に親切なひとが多く、ストレスが少なく外国旅行ができるのも人気の要因です。...

next

予備知識

subpage4

高校留学は楽しいことが沢山ありますし、異文化交流によって自分の視野を広げたいと考えている人も多いでしょう。しかし、高校留学の滞在先では絶対に避けておきたいことがあります。...

next

人に言いたい教育

subpage5

クアラルンプールは近年安定した経済成長を続けるマレーシアの首都で、東南アジア有数の国際都市です。市全体で人口が約180万人、首都圏規模では720万と言われアセアン経済の好調を象徴するかのように、目抜き通りは日本の大都市と比べても遜色ないほど発展しています。...

next